「命の尊さを学ぶ教室」作文コンクール 警察庁長官賞を受賞


中学1年生は「私たちの心とからだ」をテーマに総合学習として取り組んでいます。

その一環として交通事故でご家族を亡くされた方から哀しみに満ちた話を4月に伺いました。生徒たちは親から授かった大切な命が、いかに尊いものかを再認識し、夏休みに上記のコンクールに応募しました。
その結果、全国で7万を超える応募作品の中から、本校の井上雄斗君が警察庁長官賞を受賞しました。2月11日には表彰式が行われ、国家公安委員長、文部大臣など列席の元、警察庁坂口正芳長官から表彰を受けました。

受賞した井上君のコメント

表彰式には文部科学大臣や警察庁長官が僕のすぐ目の前にいらっしゃり、大臣警護のSPの方もたくさんおられて緊張しました。
作文の朗読では、表彰式の参加者全員が感動の涙に包まれ、「命の大切さ」を改めて深く考えさせられた表彰式でした。
このような機会を与えてくださった警察庁長官賞に感謝し、「命の大切さ」を本郷の仲間と共有しながら生活したいと思います。

命を落としてしまった哀しい事件事故のニュースが連日報道される中、改めて命のありがたさを感じ、これからも感謝の気持ちをもって学校生活送ってもらいたいものです。

inoti_1

inoti_2


戻る
卒業生・在校生保護者の方へ
本郷中学校・高等学校
×
MENU