本郷祭で古本市とビブリオバトル実施


9月20、21日の本郷祭において、図書委員会は古本市とビブリオバトルの2企画を行いました。

古本市は今年から始めた企画で、高校図書委員会有志14名が担当しました。生徒・教職員・保護者から集まった古本は1500冊近くに上り、基本的に1冊100円で販売したところ、1日目でほとんど売れてしまうという「うれしい悲鳴」状態となりました。経費を除いた売上金72,395円は、本郷中学校・高等学校図書館の図書購入費用等に大切に活用させて頂きます。ご協力どうもありがとうございました。

20日の午後に行われたビブリオバトルには、生徒6名、教員1名が参加し、優勝者は同点で高校2年6組の三ヶ島 誠治君と2年10組の鈴木 寛征君の2名でした。優勝者には図書券が贈られたほか、参加者には学校司書の林さんお手製のすてきな文庫カバーが贈呈させました。次年度は参加者を増やし、さらなるパワーアップを図りたいと思います。参加者と推薦本は以下の通りです。図書館にも入れますので読んでみて下さい。

中2-3 加藤 弘教:太田詩織『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』角川文庫
高1-3 吉田 心:太永浩ほか『三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録』文藝春秋社
高1-8 小笠原 悠馬:小松左京『復活の日』角川文庫
高2-3 江本 真弘:三浦しおん『神去なあなあ日常』徳間文庫
高2-6 三ヶ島 誠治:今野敏『膠着』中公文庫
高2-10 鈴木 寛征:山田詠美『僕は勉強ができない』新潮文庫
社会科(世界史) 金子 泰晴:四方田犬彦『ブルースリー』ちくま文庫


戻る
卒業生・在校生保護者の方へ
本郷中学校・高等学校
×
MENU