海外研修先の学校長が訪問されました


2019年5月9日 オーストラリアからイプスウィッチ・グラマー・スクールのリチャード校長ご夫妻がおいでになられました。

イプスウィッチ・グラマー・スクールはブリスベンの近くにある町の由緒ある男子校です。今年は第四回目の短期留学プログラムとして生徒18人を夏休み7月21日から8月4日まで預かっていただき、現地の生徒たちと一緒に授業を受けさせていただき、現地のご家庭にホームステイをさせていただきます。

リチャード校長からはイプスウィッチ・グラマー・スクールのネクタイを、松平理事長と佐久間校長がプレゼントに頂きました。さっそくお二方は締め直されていて非常に和やかな歓談のひと時となりました。

リチャード校長先生を剣道場にお連れし、剣道7段の合田先生がご指導されました。リチャード先生は竹刀を持つのも初めてで、生徒のかざした竹刀に当たった時、その音の大きさに「おお!」とびっくりされておいででした。とても楽しまれたようです。

昨年イプスウィッチを訪問したH君が、現地で披露した空手の形を校長先生ご夫妻の前で改めて披露しました。

リチャード校長に「いかがでしたか?」と伺ったところ、”OUTSTANDING!(非常に素晴らしい!)”とのお言葉を賜りました。よかったね、H君!

今年も7月21日からイプスウィッチにお邪魔いたします。今年度は18名、高2から3名、高1から13名、中3から2名です。

校長先生は「いろいろな学校から学生を受け入れていますが、本郷生が一番のお気に入り」とおっしゃって下さいました。「礼儀正しく、英語力が高く、優しくて紳士的な生徒ばかりを送ってきてもらっていてうれしいです。」と、大変ありがたいお言葉をいただきました。

今年も校長先生のお言葉通り、期待に応えてきてもらいたいと願っています。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

(文責:国際交流委員会オーストラリア担当)


戻る
卒業生・在校生保護者の方へ
本郷中学校・高等学校
×
MENU