社会部の活動を紹介(前編)


社会部の最近の活動を2回に分けてご紹介します。

3月17日 京華学園で「かのや100チャレ塾」に参加

今回は某IT大手企業のYさんが講師になってくださり、PR(ブリック・リレーションズ)について実践的に学びました。

このお題を1時間で各チームに分かれて時、プレゼンします。

他校の生徒さんたちとチームになり、プランを考えます。いちばん社会部らしい活動風景です。

3月25・26日と静岡に合宿に行ってきました

熱海市観光課の職員さんから熱海の活性化についてお話を伺いました。ピークの時代から比べると半減したお客さんを呼び込むために、多くの工夫を凝らしておられ、特に若い女性の取り込みとTVバラエティ番組のロケ地としての売り込みを行うという独特の手法は熱海ならではで、生徒たちは「熱海すごい!」「熱海ヤバい!」とつぶやいていました。

この時の取材の結果については文化祭で発表される予定です。

翌3月26日は静岡で最も有名なファミリー・レストラン「焼き肉レストラン・さわやか」さんを訪問し、なんと富田玲社長じきじきに講義していただくというめったにない機会をいただきました。

本当にすごい社長さんで、生徒たちはここでも「さわやかすごい!いい会社だ~!」と感銘を受けていました。こういう会社に勤めたいよね、いい会社ってこういう会社なんだねと社長さんの熱気にインスパイアされて生徒たちは勇気凛々になったようです。

真剣に話を聞く生徒たち。燃えてます!

今回の合宿部長を務めてくれた高1のE君。炭焼きレストラン「さわやか」の大ファンで、お父様の実家静岡に帰省すると必ず食べに行くのだそうです。(ただし、普段でも最低1時間待ちです。過去最長の待ち時間記録はなんと10時間だったそうで、「お客様にご迷惑をおかけしてしまうので心苦しいのですが、店舗をむやみに拡大して品質を下げることはしたくないのです。難しい決断なんですけどね。」と社長さんはおっしゃっておられました。

社長に質問する中3のM君と高1のM君

社長さんと記念写真

その後スズキ自動車の資料館へ行った部員たち。
昔の日本ではどんな風に車が受け入れられていったのかの様子を見ています。工夫のある展示で面白かったです。

後編は後日公開します。
(文責:社会部顧問)


戻る
卒業生・在校生保護者の方へ
本郷中学校・高等学校
×
MENU