高校3年生 主権者教育を実施しました


4月13日(土)3・4時間目に高3対象「主権者教育」を実施しました。

本校OBでもう社会人になっているT君とI君が立候補者に扮し、それぞれの選挙公約をパワーポイントでプレゼンした後、生徒たち(有権者)から政治家への質問が飛びます。

「大学教育を無償にすると予算がすごいことになりませんか?」

「トップ大学だけ無償にすると格差が拡大しませんか?」

「IT教育を行っても、自宅にパソコンを持てない子供たちや高齢者はどうなるんですか?」などなど、様々な質問が続きました。候補者たちはそれぞれの立場で丁寧に反論し、高校生たちを捻じ伏せていきます。

そして投票時間!生まれて初めてほんものの投票箱に投票します。

代議員による開票作業のあいだ、実は本郷のOBだと暴露したI君が「メディア・リテラシー」の講義を15分行います。またT君I君二人に対し、大学のことなど質問タイムには活発に質問が飛びました。

中には「ずっと男子校で生きてきて、高校3年になってしまい、このまま僕は大学に受かっても、それからどう女の子と話したり声をかけたりしていけばいいのか今から怖くてたまりません。どうすればいいんですか?」という奇想天外なものも。会場は爆笑の渦となりました。

今年で4年連続行われてきたOB・代議員による模擬投票「主権者教育」。
今年も楽しく勉強しました。


戻る
卒業生・在校生保護者の方へ
本郷中学校・高等学校
×
MENU