2017年12月のひとこと


先月の初めに、作家の高橋源一郎さんと詩人の伊藤比呂美さんによるトークショーに参加させていただきました。
お二方とも新聞紙上で人生相談の回答者を務めていらっしゃり、そのショーでも様々な悩みの相談を受けておられました。その中で、高橋さんは、
「相談を受けた際の回答として、最もよく使う言葉は恐らく『気にしない』ではないでしょうか。」
とおっしゃっていました。

なるほど、そのとおりかもしれないな、というのが私の率直な感想でしたが、同時に『気にしなくていい』と分かっていても『気にしない』のはかなり難しいことだ、とも思いました。

『気にしない』ための秘訣をこの場でお伝えできればいいのですが、それができないことを今回は気にしないようにしたいと思います。
(私は高橋さんのメッセージを「自分の悩みを一段高いところから客観視すれば、見えないものも見えてくる」という意味に受け取りました。)


戻る
卒業生・在校生保護者の方へ
本郷中学校・高等学校
×
MENU