中学2年生 家庭科でモバイルケースを制作


中学2年家庭科では、製作を通じて、基礎的な補修技術はもちろん、物を大切にする気持ちや段取りよく作業を進めることの大切さ、そして、そのための工夫を身につけてもらいたいと考えています。そこで、モバイルケースを手縫いで作りました。細かい作業の連続でしたが、最後までがんばっていました。多くの生徒が自分の作品に満足をしていたようです。

生徒感想より

  • 「時間はかかったものの、良い作品が出来たのではないかと思う。」
  • 「思ったよりとても難しかったが、出来はよかったので嬉しかった。これから使っていきたい。」
  • 「縫うのが意外と難しかったが、慣れてくると楽しかった。玉結びができなかったが、何回もやってできるようになった。」
  • 「最初はどうやるか難しくて、完成した作品を想像できなかったけれど、完成したものを見るとよくできたと自分でも思う。」

2-1の作品

2-2の作品

2-3の作品

2-4の作品

2-5の作品

2-6の作品


戻る
卒業生・在校生保護者の方へ
本郷中学校・高等学校
×
MENU