中学3年生 英語スピーチコンテストを開催


2月19日(水)の6時間目に恒例の中3 Speech Contestが行われました。今年はトピックを設けず、自分の主張を相手に届けることを目標としました。夏休みに第1原稿を書き、2学期に2度の添削を受け、原稿を完成させました。冬休みはスピーチをサポートするPowerPointのスライドを作りながら、スピーチの練習を繰り返しました。1月中旬から下旬にかけて各クラス8名の代表を絞り、更に準々決勝を各クラスで行い、最終的に選ばれた各クラス2人×6=12名が本選に出場しました。

司会を務めた(左から)二瓶君、大塚君

優勝した矢井君は「元号を残すことの意義」を、2位の井島君は「”旗”に込められた思い」、3位の入江君は「僕が違法な音楽ダウンロードをしない理由」と題して発表を行いました。彼らを含めたどのスピーチも自信に満ち溢れた素晴らしい発表でした。全力で準備をしていた一人一人に労いの言葉をかけたいと思います。

2位 井島君 1位 矢井君 3位 入江君(左から)

今年度は、全員がPowerPointのスライド作成を行いましたが、あまりにも凝ったスライドにしために逆にスピーチ自体が疎かになるケースも散見され、課題も残りました。次年度のスピーチコンテストでは更に良い発表をしてくれることと確信しています。


戻る
卒業生・在校生保護者の方へ
本郷中学校・高等学校
×
MENU