第16回全国物理コンテスト 物理チャレンジ2020 で入賞


物理チャレンジは,全国の高校生・中学生を対象とした全国規模の物理コンテストです。2005年に世界物理年を記念して第1回が開催されました。また,国際物理オリンピックの日本代表選考も兼ねています。第1チャレンジとして,実験課題レポートと,理論問題コンテストが課せられ,その成績によって選抜された約100名が,第2チャレンジ全国大会に進出します。例年,第2チャレンジは3泊4日で開かれ,理論問題5時間,実験問題5時間で争われます。今年の第1チャレンジの理論問題コンテストは,自宅でのオンライン試験で,第2チャレンジは理論問題5時間のみが自宅でのオンライン試験で実施されました。
そして今年は,全国から909名の参加があり,その中から119名が第2チャレンジに選抜され,第2チャレンジは9月20日に開催されました。本校の科学部からは高校生と中学生の7名が第1チャレンジに参加し,そのうち高校3年の岡野修平君と,同じく高校3年の小林洵君が第2チャレンジに進出しました。岡野君は2年連続の進出です。その結果,岡野君が優良賞,小林君が奨励賞を受賞しました。優良賞は全国で30位にあたります。

左から 小林君,岡野君


戻る
卒業生・在校生保護者の方へ
本郷中学校・高等学校
×
MENU