入試問題の作問基本方針と昨年実施結果について


入試問題の作問基本方針と昨年度入試結果について、以下のとおりお知らせいたします。
ぜひ参考にしてください。

国語

作問の基本方針

(一)漢字の出題においては、毎日、丁寧に漢字の読み・書きを学習しているか、言い換えれば日々の地道な学習の積み重ねができているかを確認したいという方針を持っています。受験生にとって、特に難しい漢字を出題するのではなく、日々の丁寧な漢字学習が得点に反映される出題を心がけています。

(二)論理的文章(評論文、説明文など)の出題では、筆者の論点、主張を正確につかむ力を見ることを意図しています。また問題文中の情報を正確に把握する力を見ることも意図しています。このような力を養う過程で必要となるのは語彙力、別の言葉で言い換える力、論の流れを構造的に把握する力、論を俯瞰したうえで細部を解釈する力、細部から論の方向性をつかむ力です。これらの力について各設問を通して、総合的に見たいと思っています。

(三)文学的文章(小説、随筆など)の出題では、ストーリーを正確に把握したうえで、出来事の因果関係、場面の状況、登場人物の心情などを、描写や会話を手がかりにして正確に読み取ることができているかを見たいと思っています。

<記述問題について>
本校の記述問題の出題方針は独創的な発想や表現力を見るというものではありません。本校の記述問題を通して確認したい力とは、設問の意図、要求を正確に理解し、問題文の中から必要な部分を設問の意図、要求に合う形に編集し、言い換える力です。

試験実施結果

記述問題には多くの受験生が積極的に取り組んでくれていました。合格者の答案を見ると、最初からあきらめてしまうことなく、じっくりと向かい合い、少なくとも部分点は獲得しているという傾向が見られました。ただし、問題文の言葉を抜き出してつないだような解答と、自分なりにまとめられた解答とでは得点に差がつきました。また、基本的な問題、結果として正答率が高かった問題で確実に得点しているというのも合格者の答案に見られた傾向でした。

算数

作問の基本方針

次の力がどの程度あるのかを特に確かめたいと考えています。
小問集合では、「基本事項」(当たり前のこと)を「当たり前」にできる力。大問では「イメージがわきにくいもの」を「具体化」し、「習った知識」に“言い換え”て考える力。および、「(1)で分かったこと」を「質問者の意図」を踏まえて「(2)以降で有効に活用する」力。

試験実施結果

上記で述べた内容に関する力を発揮出来たか否かで、特に差が出る傾向があります。具体的には、「基礎問題、定番問題(ミスなく得点できたか?)」「大問3番以降の(2)までは正解できたか?」といった箇所で差が出ました。また、例年の出題傾向を踏襲しているので、本校の過去問にしっかり取り組んだ受験生は有利であったように思います。

社会

作問の基本方針

地理では、地図・統計・グラフなどの資料の読解、国内の諸地域の特色などについて、基本的な事項がしっかりと理解できているかどうかを問います。

歴史では、時代や分野に偏らず、日本の歴史について一通りの知識を正確に習得しているかどうかを問います。正しく漢字で書けるか、類似用語と区別できているかに注意してください。

公民では、政治や経済に関する基本事項だけではなく、グローバル化する現代に関する事項を出題することもあります。日頃から様々なことに関心を持ち、新聞やニュースに触れておく必要があります。

試験実施結果

地理では、基本的な事項に対してオーソドックスな勉強を心がけてきた受験生はよく対応できていました。さらに深い知識を問う設問については、理解力の差が大きく表れる結果となりました。

歴史では、例年の傾向ではありますが、基本的な歴史用語についてはよく書けていたものの、漢字のミスや類似用語との混同が多く見られました。記号選択問題では、紛らわしい選択肢の絞り込みに必要な知識が曖昧・不十分であったようです。

公民では、きちんと対策をしてきたと思われる受験生は、やはり基本問題の正答率が高くなっています。その一方で、思考力を試す問題については、準備不足の答案も見られました。

全体としては、得点数に大きな上下差が生じており、基本事項の習得度の差が、得点差に大きく影響したようです。

理科

作問の基本方針

物理・化学・生物・地学の四分野にわけて、同程度の点数を配分して出題します。基本的な知識、図・グラフや表を読み取る思考力、さまざまな実験を通して実験結果に対する考察力などを中心に問います。加えて、身の周りの理科(身近な自然現象や科学的話題)を取り扱った作問もします。受験生には、基本的な出題に対して取りこぼすことなく、見慣れない話題や実験を題材とした出題に対しても、最後までしっかりと取り組めるように、小学校での観察・実験などを大切にしたり、過去問をよく読んだり、新聞やテレビなどから得られる生活と密着した理科や時事的な科学にも興味をもったりして、理科を楽しめる素地を培って欲しいと考えています。

試験実施結果

概ねしっかりと考えられており、基本的な出題であるほど、良く解けている印象でありました。その一方で、早合点・早とちりの印象を受ける解答も目立ちました。具体的には、桁数の多くなる計算問題やグラフの読み取りなど、内容の理解はできていても正解にたどり着けなかった受験生が多い印象でした。また、二つ以上の事象・現象に同時に配慮しながら正解を導き出すような考察的出題や、選択肢の中から複数の正解をすべて選び出すような出題には、例年通り苦戦した受験生が多く見受けられました。

試験中に出題の意図(実験の目的、予想される現象、考察)をしっかりと把握しながら、問題を読み進めることができ、物理・化学・生物・地学にバランスよく取り組むことができた受験生が、高得点へとつながったのではないでしょうか。


戻る
卒業生・在校生保護者の方へ
本郷中学校・高等学校
×
MENU