高校入学生 3年間の教育


志望大学への現役合格を目指した充実の3年間。

目標を高く持ち、意欲と努力で勝ち取る!
それを身をもって実践し、達成できるように一人ひとりを鍛えかつサポートしていきます。そのために十分な学習量を課して自信を養い、緊張感に満ちた授業を展開し、可能性の幅を大きく大きく広げていきます。

高校教頭からのメッセージ

kimura

高校教頭 木村友彦

頼もしい行動力と自主自律が身についてきた本郷生

本郷生たちには積極性と自主自律精神が出てきて、頼もしく感じています。特に本郷祭などの学校行事を「自分達の手で創りあげよう」という行動力や責任感に確かな成長ぶりを感じています。OBと高校生の交流によって、進学に対するモチベーションが高まっているのも嬉しい傾向です。上級生が下級生に語りかける集いも実施。向上心を刺激される機会となり、よい効果が生まれています。また高校入学生の頑張りも特筆できます。文武両道を見事に両立させている姿は、中高一貫生に少なからず影響を与えています。目標を大きく持ち、さらなるジャンプを遂げてほしいと期待します。

進学コース

進学コース

進学コースでは生徒一人ひとりが最適な進学準備ができるように、カリキュラムに様々な工夫が施されています。高校3年次には受験対応の演習が中心となります。数学・理科では習熟度別授業を行い、英語表現Ⅱでは1クラスを2分割して授業を行うなど少人数教育も取り入れています。また、教科別演習講座が正規の時間割内に組み込まれ、受験に必要な講座を受講することができます。多様化する受験内容に対応できるように講座数・難易度などの選択の幅を広げています。自由度を高くし、各自がそれぞれの学習スタイルで取り組める体制となっているのが特徴です。

特進コース

特進コース

2002年に生まれた特進コースはすでに12期生を送り出しており、現在の高校3年生は12期生にあたります。特進コースの目標は東京大学、京都大学、一橋大学、東京工業大学の最難関国立4大学への進学です。希望と成績により編成されます。カリキュラムは国立大学受験に必要な5教科7科目を中心とし、ハイレベルな授業を展開。その成果で合格者数は着実に伸びつつあります。

カリキュラム

高校1年次

1年次は中高一貫生と別クラス編成となります。高校入学生の1年次の数学に関しては、1.8年分を学習します。2年次から混成クラスとなる中高一貫生規のカリキュラムだけでは授業時間を確保しきれませんので、週2回7時間目に数学の補講を行い、夏休みには10日間程度の補講授業も実施します。かなりハードなプログラムですが、この1年間の学習を通して学力アップはもちろん、精神的にも大いに鍛えられます。

高校2年次

2年次では中高一貫生との混成クラス編成となり、特進コースと進学コースの文科と理科に分かれます。高校入学生で難関国立4大学を目指す生徒は、1年次の学業成績や模擬試験の成績で、2年次より特進コースに編入することもできます。クラス分けなどについてはすべて中高一貫生と同様で、どのコースも生徒の希望に合わせた受験に対応できるようにカリキュラムが組まれています。

高校3年次

2年次と同じ3コース制ですが、国公立受験型と私立受験型のそれぞれに直結する選択科目を細かく設定しています。したがって自分の目指す大学の受験科目に絞り込んだ選択履修ができるようになっています。特に理科・社会(地理歴史)に関しては、受講する生徒が5~10人であっても少人数授業を実施し、きめ細やかな対応をしています。

教育と進学教育と進学

卒業生・在校生保護者の方へ
本郷中学校・高等学校
×
MENU