社会


頭の中に蓄積されたデータがつながる面白さを味わおう!

一般的に社会は暗記科目というイメージがあります。確かに暗記しなければならない事項はたくさんありますが、ただ覚えればよいという教科ではありません。大きな枠の中でさまざまな事象を位置づけ、その背景、経過、特色や結果・意義などを理解していくことで、本当に深く「理解」できるようになります。そこで本校では、中学段階では地理・歴史・公民を順に学習し、特に現在起こっている事象について総合的に「理解」する手助けをしております。このように、世の中のあらゆる事象に関係する社会科では、地理・歴史・公民と便宜上、大きく3つに分けて学習していきます。それぞれは独立した別個のものではなく、お互いに深く関わっているので、最終的には「社会」という1つの大きな学力を作っていくことが目標です。そのため、高校卒業時には、文系・理系を問わず、幅広い教養を身につけ、「すべてがつながっていて関わりを持っている」という視点を大切にした生徒になっていて欲しいと考えております。

教育と進学教育と進学

卒業生・在校生保護者の方へ
本郷中学校・高等学校
×
MENU