学校長より皆様へ


佐久間昭浩

本郷中学校・高等学校
校長 佐久間 昭浩

Profile
1965年東京都生まれ。1989年上智大学卒業。
1990年4月本郷中学校・高等学校教諭として着任。教科主任、学年主任などを経て2008年本郷中学校教頭、2013年本郷中学校・高等学校入試広報部長を歴任。2016年度より本郷中学校・高等学校校長に就任。


 「強健・厳正・勤勉」という校訓のもと、本郷学園は創立以来一貫して「社会でリーダーたる人材の育成」に努めて参りました。その間、時代の状況や要請に合わせて、守るべきものは守り、変えるべきものは柔軟に変えていくという姿勢を大切にしています。

 現在、我々を取り巻く環境は「グローバル化・ICT化・少子高齢化」という言葉に代表されるように、誰もが予測できないものに急速に変化しています。これまでの知識や経験が通用しないかもしれない将来に不安を抱いている人も少なくありません。

 では、そんな未知の時代を力強く生き抜くために、現在の若者達に必要とされる力はどんなものでしょうか。「コミュニケーション力」、「問題解決力」、「知識活用力」、「語学力」など様々な単語がイメージされるように、この問に対する明確な答えを一つに絞ることはできません。

 しかし、忘れてはならないことは、たとえどんな時代になろうとも社会生活を送る上で「必要とされる力」の根本は決して変わることはないということです。

 「どんな困難と対峙しても逃げることなく(強健)」、「他者との関係を常に意識し自己中心的な考えを捨て(厳正)」、「自分の役割を最後まで全うする(勤勉)」という校訓に示された教育目標は、まさにどんな時代にあってもリーダーとして社会の一線で活躍するために必要とされる資質です。

 本校では学習カリキュラムをはじめ、クラブ活動や学校行事など様々なプログラムが用意されています。学習がその中心であることは言うまでもありませんが、生徒諸君には学校というフィールドを最大限に利用して様々なことにチャレンジしてもらいたいと思います。

 ぜひ、本郷学園で仲間と切磋琢磨し、どんな社会であっても力強く生き抜くたくましさ、そして自分に対する誇りと自信を培って下さい。我々教職員はそんな君たちを全力でサポートします。

学園概要学園概要

卒業生・在校生保護者の方へ
本郷中学校・高等学校
×
MENU