沿革・校名の由来


沿革

1922 本郷中学校開校
理事長・校長 松平賴壽先生就任
教頭 永井道明先生就任
1982 本郷学園60年史刊行
1985 理数科を新設
1929 坪内逍遙作詞、信時潔作曲の「校歌」制定 1988 中学校再開
1937 松平賴壽校長 貴族院議長に親任 1990 第三代理事長 松平賴武先生就任
第五代校長 新井勲夫先生就任
1944 第二代理事長 松平賴明先生就任
第二代校長 徳川宗敬先生就任
1992 70周年記念誌刊行
1993 本館落成
1946 徳川宗敬校長 貴族院副議長に親任 1995 理事長 松平賴武先生第六代校長に就任
1948 学制改革に伴い本郷中学校を 本郷高等学校と改称 1996 電子機械科・デザイン科募集停止
1949 第三代校長 内山静一先生就任
徳川宗敬先生 名誉校長就任
2002 第七代校長 髙橋雄先生就任
理数科募集停止
1951 徳川宗敬名誉校長
サンフランシスコ講和条約の調印式に
全権委員として派遣される
2003 創立80周年2006「本郷のあゆみ」刊行
1958 理事長 松平賴明先生第四代校長に就任 2008 第八代校長 北原福二先生就任
人工芝グラウンド完成
2012 創立90周年
4号館落成
カフェテリアリニューアル
1959 機械科を新設
(1992年 電子機械科へ科名変更)
2014 2号館落成
1966 デザイン科を新設 2016 第九代校長 佐久間昭浩先生就任

校名の由来

本校の住所は、「豊島区駒込」で、最寄り駅も「巣鴨駅」と「駒込駅」です。では、どうして校名は「本郷」なのでしょうか?

今から約95年前、日本は義務教育が普及して、中学校の数が足りなくなっていました。
そこで当時、東京都本郷区(現在の文京区の一部)の教育会長であった松平賴壽伯爵が中心となり、本郷区内に新しい「本郷中学校」の開設が計画されたのです。
ところが、本郷区内では良い場所が見つからず、当時松平賴壽伯爵のお母様が住んでいた染井邸の一部に(現在の学校の場所)校舎を建設することになりました。

場所は、本郷区ではないのですが、開校のために本郷区民から多くの寄付があったことや、「本郷区内に新しい学校を」という人々の強い思いを今に伝えるため、「本郷」という名を残し、「本郷中学校」が開校されたのです。

当時の本郷中学校

当時の本郷中学校

学園概要学園概要

卒業生・在校生保護者の方へ
本郷中学校・高等学校
×
MENU