オーストラリア研修


オーストラリア研修海外研修の特徴

語学力が中・上級の生徒を対象に行われる、2週間の異文化体験、語学研修のプログラムです。最初の数日間はESLで、本郷生だけを対象に、オーストラリア人講師の授業を受けます。その後、各々の生徒に付いたバディ(現地校の有志生徒)と共に、イプスウィッチ・グラマー・スクール(IGS)での授業に参加します(インテグレーション授業)。

宿泊形態はホームステイです。ホストファミリーの中にはIGSにご子息を通わせているご家庭もあります。

また、このコースにおいてはIGSに現地コーディネーターが常駐している一方、本郷の教員の引率はありません。生徒の規律と自覚が求められます。

研修スケジュール

  • 1月:第1回説明会(参加希望の生徒・保護者対象)
  • 3月:選考試験 ⇒ 参加者の決定
  • 4月:第1回生徒ミーティング(現地プレゼンの班分けとテーマ決め)
  • 5月:第2回説明会(生徒・保護者対象)、第2回生徒ミーティング(日本語プレゼン)
  • 6月:旅行会社主催による「コミュニケーション研修」(生徒・保護者対象)、第3回生徒ミーティング(英語プレゼン①)
  • 7月:第3回説明会(生徒・保護者対象)、第4回生徒ミーティング(英語プレゼン②)
  • 7月中旬~8月上旬(2週間):イプスウィッチ滞在
  • 9月1日:研修エッセイの提出
  • 9月上旬:現地報告会(生徒のみ)
  • 9月中旬:海外研修報告会(本郷祭期間中に実施)

生徒のレポート

参加した生徒のレポート(英文)①
参加した生徒のレポート(英文)②
生徒によるフォトレポート

Q&A

Q. 応募条件はありますか?

A.英検「2級」程度または、GTEC(英語コミュニケーションテスト)550点以上を持っていることが望ましいです。希望者に志望動機を提出してもらい、書類選考後、ライティングテストが行われます。

Q.何人程度が参加しますか?

A.15人程度です。

Q.イプスウィッチ・グラマー・スクール(IGS)はどのような学校ですか?

A.1863年に設立されたオーストラリア最古のグラマースクールで、男子校です。ブリスベンからバスで1時間半ほどのイプスウィッチ市にあります。小学生から高校生まで、1200名ほどの生徒が学んでいます。

Q.「バディ」とはどういう人ですか?

A.有志で本郷生のサポートをしてくれる、IGSの生徒です。IGSの中3生が本郷の高2生のバディになることもありえますが、基本的には本郷生の学年に近い生徒が担当してくれます。

Q.ESLの授業ではどのようなことをするのですか?

A.日常会話やコミュニケーションに必要な最低限の知識、現地特有の文化を学びます。

Q.インテグレーションの授業ではどのようなことをするのですか?

A.IGSの通常授業に、バディと共に、数学や国語のみならず、体育や理科の授業にも参加します。

Q.事故や病気になったときは、どのように対応がなされるのでしょうか?

A.現地では、留学時のサポートをしてくれるコーディネーターが学校に常駐し、病院への搬送、連絡などすべてを担当します。日本へは、
コーディネーター ⇒ 旅行会社 ⇒ ご家庭・本郷学園
という流れで連絡がきます。

Q.旅行費はどのくらいですか?

A.2017年度は412,000円でした。

卒業生・在校生保護者の方へ
本郷中学校・高等学校
×
MENU