2021年5月のひとこと


4月の中旬に、中学1年生と2年生を対象に「命の大切さを学ぶ教室」という講演会を実施しました。講師を務めていただいた方は、平成28年に、当時小学校1年生の長男を交通事故で亡くされたご遺族(お母さま)です。

講演会では、事故当日のことを含め、その悲しみは私たちの想像を絶するであろう辛いお話もありましたが、生徒たちは講演をしてくださったお母さまから目を離さず、最後までしっかりと話を聞いていました。思い出すのもつらい出来事を「交通事故で悲しい思いをする人が少しでも少なくなるお手伝いができるのなら」という思いで講演をされているお母さまの気持ちは、生徒たちにしっかりと伝わったようです。

お母さまのお話を伺い、生徒たちは「自分の命を、自分よりも大切に思ってくれている人が近くにいる」ということを再確認できたのではないかと思います。また、これにより自分の命を大切にしようと思う気持ちだけではなく、自分以外の人に対してもこれまで以上に自分の意識を向けることができるように、言い換えれば、より優しい気持ちを持てるようになれたのではないかと思います。

新しい仲間との出会いがたくさんある4月に貴重なお話を伺うことができました。


戻る
卒業生・在校生保護者の方へ
本郷中学校・高等学校
×
MENU