中学入試

Qスマートフォンの利用規則について詳しく教えてください。
A

携帯電話・スマートフォンを学校に持ってくること自体は禁止しません。しかし、校内では電源を切り使用しないことが約束です。集団生活をする上では、最低限守るべきルールとマナーがあります。一人ひとりがそれを自覚して人に迷惑をかけない責任ある行動を取るように指導しています。

Qクラブ活動について、もう少し知りたい。
A

クラブ活動については、時間の都合上、細かく説明ができず申し訳ありません。
本ホームページまたは学校案内に活動日、部員数など掲載しておりますのでご確認ください。
各クラブについてご不明な点などございましたら、お問い合わせ下さい。

Q中学生も食堂利用はできますか?
A

中学生はお弁当持参を原則としており、平日の食堂利用は不可としています(土曜日放課後は利用可)。ただ、各家庭の様々なご事情もありますので、当日のメニューをテイクアウトできる体制を整えております。

Q学校敷地内にプールがないようですが、授業もないのでしょうか?
A

「水泳」の授業は、中学2年の1学期に、6~8回行っております。(1回50分。回数は年によって異なります。)
ご指摘のとおり本校にはプールがありませんので、近くにあります「東京スイミングセンター」の施設をお借りしています。

Q補習等のフォローアップ体制について教えてください。
A

本校では「自学自習」を目標にしておりますが、中学生の間はできる限り細やかな指導をするように心がけております。
特に数学や英語ではこまめに確認テストを行い、合格できなかった生徒には再テストやノート提出などを課して、課題を後に残さないようにしております。
また、定期考査ごとに各教科(5教科)で目標ラインに到達しなかった生徒を指名し、補習等を行っております。この指名補習は次の定期考査まで続きます。

さらに、基礎学力試験(数学・英語の2科目で、2年次の11月と2月、3年次の6月 計3回)を通して高校での授業に耐えうる基礎学力をつけさせるよう努めております。

Q入試について、小学校の成績は影響しますか?
A

小学校時代の成績や欠席数などは合否にはまったく影響しません。
なお、合否は4科の合計得点のみで決めますので、教科ごとの足切り点もありません。
(ただし、1科でも0点があった場合には不合格となります。)

Q点数はどのように教えてくれるのですか?
A

不合格で希望される方に下記合格発表時間内に限り、受験票を確認のうえ得点をお知らせします。
試験当日:19:00~19:30
試験翌日:09:00~10:00
※受験票は必ずご持参下さい。

Q繰り上げ合格について説明して下さい。
A

2回以上実際に受験している受験生から選出します。
2月6日の時点で、手続者数の状況や辞退が出た場合に電話でご連絡致します。
合格発表時に補欠候補者の発表はありません。
例年、電話連絡は、2月6日15時以降から始まり辞退者の状況により入学予定者説明会まで続くこともあります。

Q試験問題の入手方法を教えて下さい。
A

試験問題は受験生が持ち帰ることができます。
受験していない方への配付や販売は行っておりません。
保護者控え室においては、試験問題の掲示と正答例の配布を行います。
自己採点の参考にご活用下さい。

Q卒業生の子弟や卒業生・在校生の兄弟が受験する場合、何か特典はありますか。
A

卒業生の子弟や卒業生・在校生の兄弟が、本校への入学を希望してくださるということは、そのご家庭が本校の教育理念・教育方針を理解し、評価してくださっていることの証左であり、私立学校にとって、この事実はとても重要なことかつ、尊重するべきことだと考えています。このような考え方を背景として、学力試験は公平・公正であるべきだという原則を尊重しながら、卒業生の子弟や卒業生・在校生の兄弟が、合否のボーダーライン上にある場合は考慮いたします。

卒業生・在校生保護者の方へ
本郷中学校・高等学校
×
MENU