毎年節分の豆まきの時に、年長組には大事なミッションがあります。

先日作った鬼のお面をつけて、豆まきの鬼をしてもらうのです。

子ども達と一緒に、去年の豆まきのことを思い出して「今年はどうする?」と担任が聞いてみると、

「鬼やりたい!!」の大合唱。

すぐにみんなで、やっつけたい  ”お腹(心)の中の鬼”  を相談すると

”言うこときかない鬼”

”片づけない鬼”

”おこりんぼ鬼”

”泣き虫鬼”

”うそつき鬼”

”好き嫌い鬼”

の、6種類の鬼が出てきました。

それぞれなりたい鬼になり、お面を作って年少組・年中組の子ども達が”お腹の中の鬼”をやっつけられる準備ができました。

ちなみに・・・鬼のお面の表情は、泣いていたり怒っていたり、自分達がなる鬼の表情に作っている子どもが多かったです!

 

今年は初めて園庭で行いました。

 

 

 

 

 

 

 

鬼たちはというと。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

年少組・年中組さんに見えないように準備中です (^^♪

太鼓で鬼の出入りの合図を出す役割のお子さんもいます!

 

 

 

 

 

 

 

では!いざ出陣👹

まずは”言うこときかない鬼”!

たいこの合図でみんなの前に出てきます♪

 

 

 

 

 

 

 

”言うこときかない鬼”をやっつけたいお友達が出てきて

「鬼はそとー!」と元気に豆を投げます!

「いたい、いたい!」「やられた~(;´Д`)」と、豆をまかれた鬼たちは帰って行きました。

 

次は”片づけない鬼”

 

 

 

 

 

 

 

”おこりんぼ鬼”

 

 

 

 

 

 

 

”泣き虫鬼”

 

 

 

 

 

 

 

”うそつき鬼””好き嫌い鬼”

 

 

 

 

 

 

 

泣き虫鬼と好き嫌い鬼は、同じお友達がしてくれました。

最後は、豆を投げ切れず残ってしまったお友達のために”何でも鬼”!

 

 

 

 

 

 

 

ほとんどの年長組さんがしてくれました☺

これで豆まきはおしまい♪

 

・・・なのですが、最後の最後に年長組の番です!

 

 

 

 

 

 

 

鬼は・・・誰でしょう?笑

来年の節分までみんな健康に過ごせますように^^♪

 

年長組が企画した豆まきは大成功に終わりました(*^^)v